受験勉強とアルバイト

投稿日時:2016/05/09(月) 22:37


 アルバイトをしながら大学受験や資格試験の勉強をされている方は多い。
経済的な事情からせざるを得ないという方が大半であろう。

 受験勉強中のアルバイトのメリットとして経済面以外に以下のようなものが考えられる。
 1.宅浪などの場合、適度に人と接することで生活にメリハリができバランスが取れる。
 2.将来社会で働く際に必要となってくる基本的スキルや社会性が養われる。
 3.塾講師や司法試験の問題作成等目指す試験に関連した科目を教えることを通じて自分の理解も深まる。
 2は、試験に受かってからでも遅くはないともいえるし、もうある程度別の経験を通じ身についているという方もいらっしゃるだろう。3については、確かにそういう面もあろうが、過大評価は禁物だろう。
 
 それではデメリット、注意点は何であろうか。
 1.勉強時間がその分減る。
 2.仕事のストレスを引きずってしまい勉強に集中できなくなる。
 勉強時間はほんとに減るであろうか。人間勉強に集中できる時間にも限界がある。アルバイト時間を一定の範囲内に管理すればそれなりの勉強量は確保できる。
 2が意外に盲点となることがあるのではないか。顧客対応や職場の人間関係のトラブルが思わぬストレスとなることがある。
 もっとも看護師という激務をこなしながら受験勉強もこなし、みごと国立大学の医学部編入試験に合格された有料自習室ソレイユの利用者の方もいらっしゃる(2015年度合格者を囲む会記録参照http://www.avec-soleil.com/association/detail/id=78)。きわめてタフな精神力と体力の持ち主のようにみえるが、この方でさえ時には職場でのもやもやを自習室に引きずることがあったと有料自習室ソレイユ主催の「合格者を囲む会」の席上で語っておられたのが印象的であった。そうしたことも含めて強い意志で乗り越えて目標達成されたということであろう。
 
 そうはいっても、目先の試験合格という観点から、精神的にデリケートな方の場合には、事情が許す限り試験前に早めにアルバイトをいったんやめて万全を期すというのも検討に値すると思う。またアルバイトの仕事内容も比較的負荷の軽い単純なものを選ぶの一法だろう。